セクゾ中島、24時間テレビのドラマで石ノ森章太郎さん役「精一杯愛を込めて演じていきたい」

2018年7月9日14時47分  スポーツ報知
  • 笑顔でポーズをとる出演者たち(前列左から)Sexy Zoneのマリウス葉、中島健人、佐藤勝利、菊池風麿、松島聡、(後列左から)水卜麻美アナウンサー、羽鳥慎一アナウンサー、出川哲朗、南原清隆、木村佳乃、ANZEN漫才・みやぞん

 日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(8月25、26日放送)の制作発表が9日、東京・汐留の同局で行われ、メインパーソナリティーのジャニーズ事務所の5人組アイドル「Sexy Zone」やチャリティーランナーの「ANZEN漫才」みやぞん(33)ら出演者が勢揃いした。

 今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。セクゾの松島聡(20)は「人生とは何か、愛とは何か、人と人がかかわることで何が生まれるのか。多くの人の笑顔が届けられれば」。マリウス葉(18)は「一人一人の出会いに感謝して頑張りマリウス。多くの人の人生を変えられたら。ひとつになって頑張りマリウス」と笑顔で話した。

 会見では番組内で放送されるスペシャルドラマで、中島健人(24)が漫画家・石ノ森章太郎さん(1998年没、享年60)の生涯を演じることが発表された。「仮面ライダー」「サイボーグ009」など漫画家人生43年で770作品を生んだ石ノ森さんを演じる中島は「愛するヒーローを描いた『マンガの王様』。恐れ多いが、精一杯愛を込めて演じていきたい」と意欲を見せた。

 恒例のマラソンでなく今回トライアスロンに挑むみやぞんは「まだどれだけやるか決まってないので、目の前のことを全力でやりたい。できればこの髪形(リーゼント)でゴールしたい。なので、帽子じゃなくてサンバイザーですかね」と天然発言で会場を笑わせていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ