尾木ママ、「赤坂自民亭」と災害報道の関連性を指摘「報道がNHK以外はあまりに日常的に流れているため、気が緩んでいたのでは」

2018年7月11日12時54分  スポーツ報知
  • 尾木直樹氏

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が11日、自身のツイッターを更新。西日本を豪雨が襲った5日夜、安倍晋三首相ら自民党幹部らが「赤坂自民亭」と称した懇親会を開いていた問題について私見をつづった。

 尾木ママは「やっぱりおかしかった豪雨災害報道と政治家さん」とのタイトルで記事をアップ。「豪雨災害の真っ最中に政権はさかもり懇親会!多分、報道がNHK以外はあまりに日常的に流れているため 気が緩んでいたのではないでしょうか?」とつづり、民放キー局の災害報道の少なさとの関連性を指摘した。

 その上で「反論の余地が無い大失態ではないでしょうか?今回のような失態をメディアも政治家もしないようにすることが大事ではないでしょうか?今となっては国を挙げて救済と復興の為に取り組んでほしいと思います!」と提言した。

芸能
注目トピック