関ジャニ安田章大、骨折でパフォーマンス一部制限もステージ「人の痛みを経験できた」

2018年7月16日6時0分  スポーツ報知
  • 6人体制で再出発した関ジャニ∞
  • 関ジャニ∞の今年の動き

 人気グループ・関ジャニ∞が15日、札幌ドームで6年連続7度目の5大ドームツアー「関ジャニ’S エイターテインメント GR8EST」(14公演)をスタートさせた。渋谷すばる(36)が今年末でグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退社することに伴い、この日から6人体制で再出発。村上信五(36)は「原点に立ち返るじゃないけど、できることを最大限に」と決意。アンコール最後には、6人初の新曲「ここに」(9月5日発売)を初披露した。

 昨年2月に髄膜腫で開頭手術、今年4月に胸椎、腰椎を椎体骨折していたことを、ツアー前に発表した安田章大(33)は、パフォーマンスを一部制限しながらもステージに立ち続けた。「人の痛みを経験できて良かった。渋谷のことで、心を痛めている人もいる中、人の痛みを経験しないで、その気持ちが分かるのかという思いもあった。病を患って良かった」と語った。

ジャニーズ
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)