水森かおり、当地ソング47都道府県制覇へ残り4県「いよいよ現実味を帯びてまいりました」

2018年7月16日20時12分  スポーツ報知
  • 「2018 スカイ・ビア&YOSAKOI祭」に初参加した水森かおり

 演歌歌手の水森かおり(44)が16日、北海道・千歳市役所で行われた夏まつり「2018 スカイ・ビア&YOSAKOI祭」に初参加し、歌唱イベントを行った。

 5月に自身21か所目の観光大使として、同市第1号の「千歳市観光PR大使」に任命された水森。地元ファンや観光客ら約2000人を前に「出てきた瞬間から温かい拍手と、すてきな笑顔で迎えていただきましてありがとうございます。先月、『湖水まつり』で大使としての一つ目のお仕事をさせていただきまして、今日が2回目の大使としてのお務めでございます」とあいさつ。新曲「水に咲く花・支笏湖へ」や代表曲「鳥取砂丘」など4曲を熱唱した。

 1999年から歌ってきたご当地ソングは、「水に咲く花・支笏湖へ」で通算100曲目。未歌唱は残り4県となった。「これまで43都道府県の歌を歌わせていただきまして、まだ歌っていないところも残り少なくなってきました。最初のころは、『いつか47都道府県の歌が制覇できるように頑張ります』と冗談半分に言っていたのですが、いよいよ現実味を帯びてまいりました」と笑顔を見せた。

 歌唱イベント後、支笏湖名物のヒメマスを試食。「5月17日の新曲発売イベントの時、支笏湖にヒメマスの稚魚を放流させていただきました。身がふわふわで、味は淡泊ですがとてもおいしい」と話した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ