緊急入院のハチミツ二郎「死ぬかもしれないと」病室の姿公開

2018年7月18日10時20分  スポーツ報知
  • インスタグラムより@jirohachimitsu

 急性心不全と急性呼吸不全、肺炎のため入院したお笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎(43)が17日夜、自身のSNSを更新。病室での姿を公開し、「病院行かずに新幹線に乗ってたら死んでたそうです」と報告した。

 ハチミツは16日に大阪市のなんばグランド花月での公演中に体調不良を訴え病院に搬送され、急性心不全と急性呼吸不全、肺炎のため大阪市内の病院に入院した。

 インスタグラムに「ファイプロの新キャラみたいでしょ?」とコメントし、酸素マスクをつけて横たわる姿をアップ。ツイッターでは病室に駆けつけた娘との写真も公開し、「40度の高熱で三日間仕事してたら肺炎→急性心不全に。NGKからタクシーでひとりで病院へ。救急治療室で、死ぬかもしれないと東京から家族とマネージャーも呼ばれましたが、嫁と子供が着いた頃には奇跡的に正常値近くまで戻ってました。NGKから病院行かずに新幹線に乗ってたら死んでたそうです」と一時は命の危険もあったことを明かした。

 さらに「救急治療室では体内酸素数が67でした。通常は95~97、90を切ると重症。67とゆうのは水の中で溺れてるくらいの酸素量」と説明。「その状態でひとりで病院へなんとか駆け込む。NGKが最期で死ぬんならいいかな?と思ったけど、娘の顔を思い浮かべたら器械を付けてもなかなか上がらなかった数値が95まで上がった」と振り返った。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)