【ディズニー報知】スパロウが今年もTDSを“ジャック”…TDRの夏イベント公開

2018年7月18日12時18分  スポーツ報知
  • TDS「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」で水合戦を繰り広げるジャック・スパロウ(左)(C)Disney

 東京ディズニーリゾート(TDR)の夏のスペシャルプログラムが18日、報道陣に公開された。夏のスペシャルイベントは、東京ディズニーシー(TDS)ではディズニー映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの世界がテーマの「ディズニー・パイレーツ・サマー」、東京ディズニーランド(TDL)では、日本のお祭りをディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」が展開されている。

 そのメインプログラムが、大量の水を浴びるとTDSのショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」とTDLのエンターテイメント「燦水(さんすい)!サマービート」だ。

 TDS「パイレーツ・サマーバトル」は、昨年に初開催された「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界を再現。キャプテン・ジャック・スパロウとキャプテン・バルボッサ率いる荒くれ者の海賊たちが今年もメディテレーニアンハーバーに出現し、水合戦を展開する。

 ポルト・パラディーゾを占領し、あちらこちらを我が物顔で歩くキャプテン・バルボッサ率いる海賊団。海賊たちは、ゲストを一人前の海賊に鍛え上げるための修行を敢行する。大量の水を浴びて海賊たちとともに体を動かし、声を張り上げる修行で海賊になった気分に。そこへジャック・スパロウが現れ、陽気な宴会で盛り上がっていくうちに海戦となり、炎や水を使用した大迫力の戦闘など、ワイルドでクールな海賊たちの世界が体感できる。

 公演時間は約25分、1日3回公演。出演者は約80人。主役はジャックとバルボッサで、ミッキーマウスらディズニーの仲間たちは登場しない。シーがまさに海賊たちにジャックされた形だ。海賊たちによるグリーティングなどアトモスフィア・エンターテイメントもTDSの各所で展開されている。夏のプログラムは両パークとも9月2日まで公演される。

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー
芸能
注目トピック