冨永愛、芸能界を3年間休んでいた理由を告白…「息子と一緒にいる時間を作ろうと思った」

2018年7月21日12時40分  スポーツ報知
  • 冨永愛

 女優の冨永愛(35)が21日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に出演し、3年間、芸能界を休んでいた理由を明かした。

 冨永は、2014年末から昨年末まで3年間、芸能活動を休んでいた。その理由を「息子が小学生だったので、とにかくすごく忙しくて一緒にいる時間が全然なかったから時間を作ろうと思って」と2005年に出産した長男との時間を大切にしたいという思いだったと明かし、「中学生になったら自然と離れていくだろうし、小学生の間だけ、この時間だけのためにと思って少し」と振り返った。

 3年間休むのは不安もあったかもしれないが「不安よりも息子といる時間の方が楽しかった」とし、「時間があったので2人で旅行いったりとかしました」。そして「果てしなく続く空と大地を見てみたかった」と親子でモンゴルへも行ったという。

 冨永は09年に離婚している。「母親の優しさと父親の厳しさを両方やらないといけない」と現在、中学2年生になる長男の子育てへの思いを明かしていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)