ボビー・オロゴン、6歳から始めた株の投資 どれぐらい儲けたかを次女が暴露「山を買った」

2018年7月28日12時42分  スポーツ報知
  • ボビー・オロゴン

 タレントのボビー・オロゴン(45)が28日放送の日本テレビ系「メレンゲの気持ち」(土曜・正午)に長男ジョイさん(18)、長女ローズさん(16)、次女のココさん(11)、三女のリリさん(8)と出演した。

 変な日本語で人気が出たボビーだが、MCの久本雅美(60)から「普段のパパは?」と聞かれたジョイさんに「基本的に真面目。そんなに面白くない」と明かされた。ローズさんからは「日本語間違えないし」と暴露されていた。

 番組では株の投資で大もうけしたことも紹介された。株投資を始めたのは「6歳から」という。きっかけは「もともとお父さんが貿易の仕事。6歳から会社に連れて行かれてビジネスの成り立ち方を教えてくれていた」と話した。

 これまでにどれだけ儲けたかを聞かれると、今度はココさんが「山買ったぐらいだから」と暴露。ボビーは「余計なこと言うな」と苦笑いした。さらにココさんは「アフリカの家がシャンデリアがくるくるって」と続けると、ボビーは「テレビでそんな話、やべぇって」と焦っていた。

芸能
注目トピック