文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」ピンチヒッター決定 8・1は近藤真彦&黒柳徹子

2018年7月30日4時0分  スポーツ報知
  • 大竹まことのピンチヒッターを務める出演者たち(C)文化放送

 文化放送の看板番組「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜・後1時)は、番組パーソナリティーのタレント・大竹まこと(69)の緊急入院を受けて、30日から8月3日の5日間、伊東四朗(81)、吉田照美(67)、近藤真彦(54)ら同放送局にゆかりのあるタレントらがピンチヒッターパーソナリティーを務めることを30日、発表した。

 8月1日の放送では、長年親交の深い近藤と女優の黒柳徹子(84)が共演。2日はお笑いコンビ「オアシズ」大久保佳代子(47)がパーソナリティーを務め、木曜レギュラーの光浦靖子(47)とコンビで出演する。

 パーソナリティーに決定したのは、月曜・伊東、火曜・吉田、水曜・近藤、木曜・大久保、金曜・お笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右(49)の5人。

 また、ゲストには月曜・エッセイストの阿川佐和子さん(64)、火曜・自由党の山本太郎参院議員(43)、水曜・黒柳徹子、木曜・お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコ(38)と白鳥久美子(36)、金曜・作家の半藤一利氏(88)が決まり、大竹不在の番組を盛り上げる。

 大竹は腰椎分離症の治療のため急きょ入院、23日から8月3日までの2週間、番組を休む。6月15日から腰椎分離症で自宅療養のために番組を休み、今月2日に復帰したばかりだった。

 先週の23日から27日は曜日別パートナーの倉田真由美、はるな愛、壇密、光浦、室井佑月がパーソナリティーを務めた。

芸能
注目トピック