八千草薫、主演舞台公開ゲネプロに参加…「体力はダメ」と吐露

2018年8月9日19時10分  スポーツ報知
  • 舞台「黄昏」に臨む八千草薫

女優の八千草薫(87)が9日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで開催される主演舞台「黄昏(たそがれ)」(10日~27日)の公開ゲネプロに参加し、体調面について「体力はダメですね」と率直に答えた。

 2003年に初演し、今回で3度目の公演。八千草は12年ぶりに老夫婦の妻・エセルを演じるが、「新しいものをやっているみたい」と緊張した面持ち。「再開できてうれしい分、もっとちゃんとやらなくちゃ」と意気込んだ。

 笑顔で報道陣に受け答えをしていたが、体力の話しになると「維持できているか分からない」と吐露。「今年の夏は特にひどいけど、だんだん体力がなくなってしまい、残念。(趣味の)山登りもできなくなりました」と話すと、夫役の村井國夫(73)は「僕が守ります」と宣言。さらに「八千草さんがかわいくてしょうがない。僕の“母性本能”がくすぐられる」と話していた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)