サザン桑田、13年ぶり野外フェス ひたちなかで“おなじみ”放水パフォーマンスも

2018年8月13日6時0分  スポーツ報知
  • ギターを弾きながら熱唱するサザンオールスターズの桑田佳祐
  • おなじみの放水パフォーマンスを敢行した桑田

 デビュー40周年を迎えた5人組バンド「サザンオールスターズ」が12日、茨城・ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催中の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に出演し、13年ぶりに野外フェスでライブを行った。

 4日間開催の最終日。約200組の大トリとして、国民的人気バンドが登場すると、来場した6万9000人の人波が揺れた。

 オープニング曲「希望の轍」のイントロと同時に、熱気は最高潮。ボーカルの桑田佳祐(62)は「僭越(せんえつ)ながら、最後にやらせていただきます。40年間、雨バンドです(笑い)」と、ちゃめっ気たっぷり。「いとしのエリー」「涙のキッス」、次々とヒット曲を繰り出し、スタートから全開で飛ばした。

 圧巻の1時間半だった。“エロの要素”をふんだんに取り入れた夏にピッタリの演出。「HOTEL PACIFIC」では水着美女のダンサーが彩り、「マンピーのG★SPOT」では桑田自らブリーフ形のカツラをかぶり、漫画「変態仮面」を連想させる男性ダンサーと腰をくねらせた。

 新旧17曲の豪華ラインアップで魅了した。「みんなのうた」の歌唱時には「みんなの応援があり、ここに立っていられるのさ」「素晴らしい夏のステージを忘れはしない」と替え歌にして感謝の気持ちを表現。“おきまり”の客席への放水で喜ばせ、大盛り上がりの中、「勝手にシンドバッド」でフィナーレを迎えた。

 5人は、来春に4年ぶりの全国ドーム&アリーナツアー(詳細未定)を控えるが、今年の発表済みのライブは6月のNHKホール公演と、この日だけ。年内のライブ予定は「未定です」(関係者)という。下半期も、もっともっとサザンの歌声を聴きたい。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ