20歳になった涼邑芹の目標…仮面ライダー出演&「自分の変身ベルト」

2018年8月13日15時13分  スポーツ報知
  • 涼邑芹(右から3人目)の生誕祭公演に出演した仮面女子・スチームガールズ

 最強の地下アイドル・仮面女子の涼邑芹(すずむら・せり)=スチームガールズ=が5日に20歳の誕生日を迎えたことを受け、11日に東京・秋葉原の常設劇場「仮面女子CAFE」で生誕祭が行われた。

 「EXCITING!!!!!!!」をテーマに行われた祭典には、涼邑の担当カラー・パープルを身にまとったファンが駆けつけ大盛況。「思ったよりあっという間に終わっちゃいました。すごく楽しくて、ファンの皆さんが横断幕や風船のアーチを用意してくれたり、メンバーも準備に動いてくれたりと、本当にありがたい生誕祭でした」と笑顔を見せた。

 涼邑は今年1月20日に仮面女子候補生から、仮面女子へ昇格した。約半年を振り返り「候補生の時のがむしゃら感だけじゃなくて、昇格してから意識が変わりました。プロ意識が増しました」と語った。大好きな「仮面ライダー」に出演することを目標にしており、「ヒロインじゃなくて、自分も変身して戦う役をやりたいです。自分の変身ベルトが出て欲しい」との野望を明かした。

 昨年、170センチを超えた身長について「最近測ってないんですけど、まだ成長痛が続いています。骨が痛くて」と苦笑い。2、3年前から続いていた反抗期は「もう終わったと思います。大丈夫、(親とは)仲いいです」と言い切った。

 20歳になり「お酒を飲んでみたい」という涼邑。「居酒屋に行って、好きな塩辛と一緒にお酒を飲んでみたいです」と早くも“酒豪”を予感させた。

 ◆涼邑 芹(すずむら・せり)1998年8月5日、千葉生まれ。20歳。身長170センチ、スリーサイズはB79(A)・W63・H94。2015年9月アリスプロジェクト所属。同12月に研究生「スライムガールズ」としてデビュー。2016年7月に仮面女子候補生を構成する2ユニットの1つ「OZ」に昇格した。17年は派生ユニット「秋葉仮面」「トッピング☆ガールズFB(ふたたび)」としても活躍。18年1月20日に仮面女子「スチームガールズ」に昇格した。目標は「仮面ライダー」出演と声優デビュー。

芸能
注目トピック