年間約70回の講演を行う天達予報士が“地方つかみテクニック”を披露

2018年8月15日19時15分  スポーツ報知
  • 上田まりえ

 気象予報士の天達武史氏(43)が15日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にVTRで出演し地方でのエピソードを明かした。

 天達氏は有名人の地方つかみテクニックを追跡するというコーナーにVTR出演し、気象予報士ならではのテクニックを話した。異常気象や温暖化をテーマに年間約70回の講演を行うという講演マスターでもある天達氏は、地方では「その地方の意外な気象ネタを(つかみとして)話す」という。気象ネタのなかには年間雷日数1位などのネガティブなランキングも多いそう。しかし「いいデータじゃなくても、自分たちの県が1位だとうれしいみたい」と鉄板ネタについて語った。

 また自身が出演するフジテレビ系「とくダネ!」でのロケでの話もつかみとして使うという。地元の商品が「とくダネ!」で紹介されたという話はつかみとして最適だと明かした。MCの上田まりえアナウンサー(31)も感心していた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)