長嶋一茂、小学校時に3万年前の化石発見「おばあちゃん家の庭…自由研究で持っていった」

2018年8月17日8時43分  スポーツ報知
  • 長嶋一茂

 17日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で夏休みの自由研究を特集した。

 ここ数年、小学生の自由研究から「きのこの新種」など画期的な発明、発見が続いているという。コメンテーターの長嶋一茂(52)は小学生の時の自由研究を聞かれ「オレもないんだよね。宿題を夏休みにやった記憶もないんだ。オレ、他にやることあったんで。遊びが大事だった」と明かした。

 その後、スタジオで自由研究で化石の話題となり一茂は「うちのおばあちゃん家が大倉山なんですけど、横浜の。庭で3万年前の化石が出ましたよ。なんかハマグリみたいな貝の化石。調べたら3万年前とかいって。それをそのまま自由研究として小学校の時、ケースに入れて持っていきました」と思い出していた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)