元高校球児の岡田健史が芸能界デビュー 有村架純の相手役キャッチ

2018年8月20日6時0分  スポーツ報知
  • 有村架純の相手役で芸能界デビューを飾る岡田健史。吸い込まれそうな目力が印象的

 昨夏まで高校球児だった19歳が芸能界デビューすることが19日、分かった。長崎の強豪校で捕手を務めていた俳優・岡田健史(けんし、19)で、10月期のTBS系連続ドラマ「中学聖日記」(火曜・後10時)で主演の有村架純(25)の相手役に大抜てきされた。ドラマはもちろん、雑誌やCMにも起用されたことがない芸能界デビューの新人が連ドラの2番手に起用されることは極めて異例だ。

 岡田は中1の冬、学校帰りにスカウトされた。桐谷美玲(28)、黒木メイサ(30)らが所属し、女優の育成に定評のある「スウィートパワー」だ。近年は俳優・高杉真宙(22)が台頭し、「イケメン」にも力を入れている。当時は野球一筋だったため、「何を言っているんだろう」と気にも留めなかった。

 演劇部入り変化 甲子園出場経験のある高校に進学し、昨年まで白球を追っていた。甲子園の夢はかなわなかったが、引退後、転機が訪れた。演劇部にスカウトされ県大会に出場。特攻隊員を演じ「感じたことがないほど気持ち良かった。野球から(演技に)気持ちが変わった」。今年に入り俳優を志願。両親と大げんかしたが、「俺の人生だ!」と説得し、スウィートパワーと5年越しの契約が実現した。

 今回、岡田が演じるのは10歳年上の女性教師(有村)と恋に落ちる中学生・黒岩晶。新井順子プロデューサーが「資料だけで500人を超えていた」というオーディションで選出された。岡田は「選んでくださった方への感謝を忘れず、期待に応えられるように誠心誠意努めたい」。体重は約10キロ落とし、頭髪も「物心ついてから一番長い」という。

 有村からは初対面時に「緊張もプレッシャーもあるかと思いますが、私も岡田さんと最後まで突っ走ろうと思います」とつづられた“ラブレター”をもらった。有村とのキスシーンの撮影も控えるが、「緊張します。等身大でやりたい」と照れ笑いした。

 緊張で手震えた 1か月前にクランクイン。初日は緊張のあまり手の震えが止まらず、熱中症を疑われたほど。「自分なりに一生懸命やるので温かく見守ってほしい」。彗星(すいせい)のごとく現れた超大型ルーキーが芸能界に旋風を起こす。

 岡田 健史(おかだ・けんし)
 ▼生まれ 1999年5月12日、福岡出身の19歳。
 ▼趣味 筋トレ
 ▼特技 野球。8歳から始めた
 ▼好きな食べ物 ラーメン
 ▼日課 ゴミ拾い
 ▼モテエピソード 中学校卒業時、学生服のボタンが全てなくなった
 ▼憧れの俳優 山田孝之、菅田将暉
 ▼似ていると言われた芸能人 のん、市原隼人
 ▼身長 180センチ
 ▼体重 67キロ
 ▼血液型 O

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)