北山みつき、サンコンの第3夫人になることに「愛している人とは籍を入れたい」

2018年8月20日10時29分  スポーツ報知
  • 幸せそうに見つめ合うオスマン・サンコンと北山みつき(北山のブログから)

 20日放送のフジテレビ系「とくダネ」(月~金曜・前8時)では、ギニア出身のタレント、オスマン・サンコン(69)と10月に結婚することが明らかになったグラビア演歌歌手の北山みつき(50)を直撃した。

 2人は約3年前に知人との食事会で知り合い、約1年半前から交際。互いにボランティア活動に積極的な人間性などにひかれ、結婚を決意したという。ギニアでは「妻は4人まで」の一夫多妻制が認められている。サンコンの第1夫人はギニアに住んでいるギニア人で、第2夫人は日本に住んでいるギニア人。

 北山は、第3夫人となることについて「最初はちょっと嫌な気持ちでした。どんな顔して、(夫人たちと)会えばいいの? とか、どんなことしゃべればいいの? とか。不安はありますよね」と吐露。ギニアにいる家族とは「まだお会いしていないのでちゃんと受け入れてくださるのか」と明かした。

 それでも「(サンコンは)すごい魅力的です。本当に大好きなの。お金じゃないですよね。あの笑顔は財産です。お金じゃないです。顔を見ただけで、とろけます」とノロけた。

 今年3月に結婚式を挙げた。「『一緒の墓に入ってくれ』と言われてうれしかった」と笑顔を見せた北山。国際結婚の場合は多重婚にあたるため、ギニア国籍を取得することが必要となった。北山はこのことについても、「愛している人とは籍を入れたい」と気にしていなかった。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)