塚原千恵子氏、意外な過去を告白「私は宝塚に入りたかった」

2018年9月10日9時13分  スポーツ報知
  • 日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長

 体操女子で2016年リオ五輪代表の宮川紗江(19)からパワハラを告発された日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)が10日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)にVTR出演。騒動後、初めて公の場に姿を現した千恵子氏が、朝日生命体操クラブで番組MC・真矢ミキ(54)のインタビューに答えた。

 100分間に及んだインタビュー中、カメラの電池交換の際に千恵子氏は「私は宝塚に入りたかったんです」と元タカラジェンヌの真矢に向け、突然の告白。「でも身長が足りなかった」と続けると、166センチの真矢は「たしかに身長というのは…」と同意。千恵子氏は「158センチしかなかった。それであきらめて、体操に切り替えた」と意外な過去を打ち明けた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)