知内町出身のサブちゃん、歌で復興エール「良くなってきた頃ステージで」

2018年9月11日6時3分  スポーツ報知
  • 熱唱する北島三郎と瀬川瑛子

 歌手の北島三郎(81)が10日、東京・中野サンプラザでレコード会社・日本クラウンと徳間ジャパンの合同ライブ「ドリームホープコンサート」に出演。開演前に「はりきっていこうぜ!」と鼓舞し、29組33人が「まつり」など49曲で2000人を沸かせた。

 6日に北海道で発生した地震を受けて、知内町出身の北島は「今年は台風や地震といろんなことがありすぎて、地球がおかしい。余震が続くけど、二度と来るな、台風もたくさんだと思ってます」。東日本大震災の際に被災地を訪れたことを踏まえて、「俺たちは頑張ってほしいとしか言えない。少し良くなってきた頃にステージで励ますことができれば」と話した。

 また、テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ(20)の快挙に「すげぇな~と思う」と絶賛した。

芸能
注目トピック