元宝塚・妃海風&ももクロがミュージカルで異色の初タッグ

2018年9月12日6時0分  スポーツ報知
  • アイドル好きという一面をのぞかせた妃海風(カメラ・小泉 洋樹)

 元宝塚歌劇星組トップ娘役の女優・妃海風(ひなみ・ふう、29)が、24日開幕のミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」(10月8日まで千葉・舞浜アンフィシアター、演出・本広克行)で、主演の女性アイドルグループ・ももいろクローバーZと初共演する。

 ダンス大会を控え、練習に励む高校のダンス部所属のカナコ、シオリ、レニ、アヤカ。大会前日、交通事故に遭った4人が目覚めたのは夢か現実か―というファンタジー。妃海は、4人が出会う優しい悪魔役。シルビア・グラブ(44)と共にももクロの楽曲を歌ったり、踊ったりするシーンが随所に見られるという。

 女性アイドルグループとの共演は初めてだったが、アイドル好きとあって、すぐに意気投合。「(売れっ子なのに)壁を作ることなく接してくれる。不思議なパワーを持っていて、元気をもらっている。余計に好きになった」と喜ぶ。

 16年11月に宝塚を退団し、1年10か月。異なるジャンルで活躍する4人との共演は刺激の連続。「私の経験してきたミュージカルというより、お芝居とライブが融合したイメージ。新鮮な感覚です。フィーリングが合うので、パワフルでステキな舞台ができると思う。どんな化学反応があるのか楽しみ」と声を弾ませた。

 ももクロ楽曲の完コピが、自身の見せ場。「ミュージカルの踊りと違うので、息の上がり方も、声の出し方も違う。4人の歌い分けを2人でするから結構ハードだったりもする。今は1回踊ったら汗だくだけど、非人間の役。(本番までに)キチッと演じられるようにしたい」と話した。

 3月に三谷幸喜作品「江戸は燃えているか」に初出演し、6月には朗読劇「ラヴ・レターズ」に挑戦。充実の20代ラストイヤーを、妃海は「ワクワクでいっぱい」と声を弾ませた。

 ◆妃海 風(ひなみ・ふう)1989年4月12日、大阪府出身。29歳。2007年4月宝塚音楽学校入学。09年4月宝塚歌劇団に入団し、宙組公演「Amour それは…」で初舞台。同年5月星組配属。15年5月星組トップ娘役に就任。16年11月「桜華に舞え/ロマンス!(Romance)」をもって退団。4月からテレ朝系「朝だ!生です 旅サラダ」(土曜・前8時)の旅サラダガールズ。身長164センチ。血液型B。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)