YOSHIKI、引退の安室奈美恵に「さびしいですが、リスペクトできるものがある」

2018年9月13日16時31分  スポーツ報知
  • YOSHIKI

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが13日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見した。

 1月に引退を発表した音楽プロデューサーの小室哲哉(59)について聞かれたYOSHIKI。自身と同じ作曲家で、91年にユニット「V2」を結成するなど公私ともに親交があり「引退翌日に彼に電話して『なんで(引退するのか)? アーティストが引退するのは死ぬ時だ。生きてるうちに引退なんてないだろ』と伝えた」と明かした。

 自身の持論として「僕も25年前にアメリカに渡り、大変なこともあって帰ってきたいこともあったけどまだ頑張ってます。ひたすら前進、戦い続けるのが人生だと思う」と語った。

 会見後、報道陣から16日に引退する歌手の安室奈美恵(40)について聞かれ、「素晴らしいシンガーが引退するのはさびしいです」としみじみ。ともに1990年代から日本の音楽シーンで活躍してきた歌姫に「最高のピークの時に引退されるのは大変の決断とは思いますが、リスペクトできるものがあります」と賛辞を送った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)