上川隆也主演「遺留捜査」最終回SPは13・1%、全話平均11・8%で有終の美 

2018年9月14日10時18分  スポーツ報知
  • 上川隆也

 13日に放送された俳優・上川隆也(53)主演のテレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」最終回2時間SP(木曜・後8時)の平均視聴率が13・1%だったことが14日分かった。

 初回の2時間SPは14・7%となり、昨年の初回13・1%を上回る好スタート。ドラマ中盤の午後9時には16・0%の瞬間最高視聴率をマークした。第2回は10・7%、第3回は11・3%、第4回は11・8%、第5回は10・7%、第6回は9・9%、第7回は9・4%、第8回は10・5%と推移。最終回は2・6ポイントアップし、全9回の期間平均視聴率は11・8%だった。

 2011年4月期にスタートした上川演じる風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描く人気刑事ドラマ・シリーズの第5弾。これまで同様、京都府警特別捜査対策室、通称「特対」が舞台で従来のメンバーも再集結。さらに捜査一課から岩田(梶原善)が新加入した。

 最終回の2時間特番には女優の観月ありさ(41)や同局系人気ドラマシリーズ「科捜研の女」主演の沢口靖子(53)がゲスト出演したことも話題となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)