ジョー・ペリー来日公演に合わせタワレコ渋谷店で「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」特別フェア開催

2018年9月14日15時40分  スポーツ報知
  • タワーレコード渋谷店で始まった「ハリウッド・ヴァンパイアーズ スペシャルラインナップ・フェア」

 米ロックバンド「エアロスミス」を牽引する“カリスマギタリスト”のジョー・ペリー(68)の来日公演に合わせ、東京・渋谷区のタワーレコード渋谷店で「ハリウッド・ヴァンパイアーズ スペシャルラインナップ・フェア」と題したグッズフェアが、世界に先駆け14日にスタートした。ジョーが来週から東京と大阪で自身初の来日公演を行うことから、来日記念として実現した。

 フェアの内容はジョーのほか、アリス・クーパー、ジョニー・デップ、トミー・ヘンリクセンで構成されるスーパー・バンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のグッズを中心にしたラインナップなだけに、世界的にも注目されているという。11月11日まで開催される。

 「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」は、ロサンゼルスに実在する「レインボー・バー」で誕生した。「レインボー・バー」古くはジョン・レノンやリンゴ・スター、ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソンなど、ロックスターの交流の場となっていた。70年代になるとキース・ムーン、ミッキー・ドルレンツ、、ハリー・ニルスン、アリス・クーパーなどが常連に。さらに最近はジョニー・デップらによって活性化してきたという。そこにジョー・ペリー、トミー・ヘンリクセンが加わり、最近では「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」の名称を使ったスーパーバンドを組んでアルバム制作やワールドツアーなども繰り広げている。

 そういった中で、ジョー自身は、自ら設立したプライベート・レーベル「Roman Records」から今年1月に9年振りのソロアルバム「SWEETZERLAND MANIFESTO」を発表した。今回の来日公演はそのソロアルバムに連動したもので、17日にメルパルクホール大阪、18日は品川プリンス・ステラボールで予定している。ソロとしては初公演となる。

 公演にはエアロスミスでリズムギターを担当する盟友のブラッド・ウィットフォードの参加も決まり、ツインギターでエアロスミスとはひと味もふた味も違った魅力満載のライブパフォーマンスを披露してくれそうだ。

 フェアの開催期間中にはジョーも東京にいるだけに「ジョーやメンバーが突然に会場を訪れるかもしれません。サプライズを期待しているファンも多いようです」と関係者。ソロ活動に加えて、エアロスミスも来年、ラスベガスのパーク・シアターを皮切りにワールド・ツアーを計画している。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)