ガリガリガリクソンが飲酒運転の謹慎明け初ライブで“鹿ハンター”の副業明かす「お笑いよりもうかる」

2018年9月14日21時14分  スポーツ報知
  • 飲酒運転逮捕の1年間の謹慎後、初の単独ライブを開いたガリガリガリクソン(中央)と、リー5世(右)、ハニートラップ・梅木一仁(左)

 お笑いタレント・ガリガリガリクソン(32)が14日、大阪・道頓堀の「ZAZA HOUSE」でトークライブ「ガリガリになるまでしゃべります。~いらんこと言う気がする~」を開催。昨年5月に大阪市内で酒気帯び運転で逮捕され、謹慎していた1年間のエピソードを披露した。

 ガリクソンは今年6月に仕事復帰後、これが初の単独ライブ。「このたびは、ファンの皆様、関係者の皆様の信頼を大きく裏切ってしまい…」と謝罪のあいさつの後に一発ギャグを披露して不発。「結局1年たってもスベリ芸」と、やけ酒の缶ビールを手にするパフォーマンスを見せた。

 続いて、「バック・トゥ・ザ・フュチャー」のパロディーで、自分の飲酒運転を阻止すべくデロリアンに乗り込むが「僕もう、免許、持ってませんから~! 残念!」とオープニングコントのオチを付けた。「先輩方から『1年間、ネタを考えなさい』と言われ、これしか思いつきませんでした」と自嘲気味に話した。

 謹慎中は、トークの相方を務めたハニートラップ・梅木一仁(35)の自宅に身を寄せたり、広島のラーメン店やお好み焼き店でのアルバイトやパチンコの代打ちをしていたという。それでも芸人としての収入はなく、食うにも困る状況だったが「お金がないとお菓子ばかり食べるので絶対太る!」と変わらぬ太鼓腹を揺らして力説した。

 一方で“手に職”も付けたようで、狩猟免許を取得して鹿狩りに挑んだ画像も紹介。「もうお笑いでスベるのは嫌。お笑いの仕事の割合を少なくして、猟師として鹿の前歯を売った方がもうかる」と“鹿ハンター”への転身を示唆。ピン芸人NO1決定戦「R―1ぐらんぷり」も「出ません。傷つきたくない」と話し、今後の芸人としてのスタンスを明かした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)