Eテレ「Rの法則」後番組も10代視聴者ターゲット「沼にハマってきいてみた」

2018年9月19日15時1分  スポーツ報知
  • MCに決まった高橋茂雄と桜井日奈子

 NHKは19日、本紙既報通り、5月に放送終了となったEテレ「Rの法則」の後番組が、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(42)、女優の桜井日奈子(21)らがMCを務める「沼にハマってきいてみた」(月~水曜・後6時55分)に決定したと発表した。10月からスタートする。

 「沼に―」は、「Rの―」と同様に10代の視聴者層をターゲットにしたバラエティ番組。“沼”とはネット上の流行語で、抜け出せないほどにのめりこんでしまった趣味やジャンルを意味する。番組には、ある“沼”にハマった若者らが登場し、その魅力などについて深掘りする。桜井はMC初挑戦で、複数の番組でレギュラー出演してきた高橋、モデルの松井愛莉(21)と番組を盛り上げる。

 「Rの―」は中高生の間で流行しているトレンドについて、10代のタレントらが体験し自由にトークする人気番組だったが、MCだった元TOKIOの山口達也(46)が未成年への強制わいせつ容疑で書類送検(起訴猶予処分)されたことを受け、4月25日に休止となり、5月7日付で終了。代替番組として、海外ドラマなどの再放送を続けてきた。「Rの―」に未成年タレントが多数出演していたのに対し、新番組は少数のタレントらが進行する。

 NHKの木田幸紀放送総局長はこの日、東京・渋谷の同局で行われた定例会見で、「『Rの法則』がああいう形で終わったのは残念。10代の視聴者に楽しんでもらえる番組は貴重なので、今回も(10代を)ターゲットにした」と話した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)