元NHK「歌のお兄さん」覚醒剤使用の疑いで逮捕 所属事務所「本人と連絡取れない」

2018年9月20日14時49分  スポーツ報知

 警視庁新宿署は20日までに覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、NHK教育テレビで「歌のお兄さん」を務めた自称音楽講師・沢田憲一容疑者(49)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月上旬から18日までの間、東京都内などで覚醒剤を使用した疑い。新宿署によると、「18日午後に新宿区の歌舞伎町にあるサウナで使用した」と認めている。

 18日午後6時15分頃、新宿区歌舞伎町の路上で、パトカーを見て立ち去ろうとした沢田容疑者に職務質問。尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕した。使用済みの注射器2本も所持していた。

 所属事務所は取材に対し、「まだ本人と連絡が取れていない。事実関係を確認してから対応します」。沢田容疑者の最近の様子について、薬物を使用しているような言動や振る舞いは見られなかったという。これまでの逮捕歴は、「聞いてない」とした。

 公式ホームページによると、沢田容疑者は、1993年度のNHK連続テレビ小説「ええにょぼ」に出演。96年度からNHK教育テレビ「歌ってワクワクにこにこぷんと遊ぼう」に出演し、「歌のお兄さん」を5年間務めた。その後、市民ミュージカルの作曲を手掛けたり、俳優・歌手活動など多岐に渡り活躍。趣味・特技はピアノ、墨彩画。中学・高校教員一種普通免許を取得している。

芸能
注目トピック