松任谷由実、盛岡で全国ツアースタート 39年ぶりに象に乗って熱唱

2018年9月24日4時0分  スポーツ報知
  • 象ロボットに乗って登場した松任谷由実(撮影・田中聖太郎)
  • 1979年のコンサートでは本物の象に乗っていたユーミン

 歌手の松任谷由実(64)が23日、岩手・盛岡タカヤアリーナ公演を開催。22日と2日間で合計9800人を魅了し、全国アリーナツアーをスタートさせた。

 2曲目の「Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生」では、高さ2・4メートル、全長3・9メートルの象ロボットに乗って登場。鼻や耳が動くリアルな象の上で回転しながら熱唱し、大声援を浴びた。本物の象に乗って歌った79年の東京・中野サンプラザ公演以来、39年ぶりの演出。「いろいろな私の時代、世界観を最後まで楽しんでください」と呼び掛けた。

 今ツアーは自身初の「コンサートツアーのベスト版」を掲げた「タイムマシンツアー」で、「45年間やってきたコンサートにヒントを得て、新しく作り変える今までにない作り方をしました」とユーミン。円形回転ステージ、大量の炎などの舞台装置、観客の腕ライトなど総制作費は約30億円に上った。

 過去のツアーで着た服を作り替えた衣装でタイムスリップを演出し、マリンルック、宇宙服、着物姿など“8変化”。ソバージュヘアにライダースジャケットの80年代バブリースタイルで登場すると、「しもしも~、平野ノラで~す。80年代は一生こうなのかと思ってた。時間がたつのは怖いですね」とおどけた。

 2時間45分のステージで代表曲「春よ、来い」、盛岡をテーマにした「緑の町に舞い降りて」など28曲を熱唱した。

 最後は「今回はこんなショーにしたからこれで引退かと思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、私はまだまだこんなもんじゃ終わりません。これで終わりだと思ったら大間違い! まだまだ聴いてもらいたい作品がたくさんあるし、見てもらいたいショーがたくさんあります。次のショーでまた会いましょう」と力を込めた。

 同ツアーは来年4月まで約半年間、全国14か所32公演で32万人を動員予定。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)