ZOZO前澤社長、自身の子供たちに月旅行を報告「パパが先に行って見てくる」

2018年10月9日13時28分  スポーツ報知
  • 前澤友作社長

 株式会社ZOZOの前澤友作社長(42)が9日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、月旅行について自身の子供たちに「パパが先に行って見てくる」と報告したことを明かした。

 開発中の大型ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」で月の周囲を飛行する月旅行を2023年に予定している前澤氏。「ご自分の子供達にも話をされましたか?」との質問を受けた前澤氏は「子供達に言いました、もちろん」と回答。「子供って不思議と月って行けるもんだと思ってるんですよね。僕たちも行きたいと言われましたね」と明かした。

 その上で「子供はまだちょっと行けないから、まずパパが先に行って見てくるから。先行ってくるねって感じで言いました」と前澤氏。「世界中の子供達も同じように月って別に行けるよねと思ってるような気がします。もちろん今の子供達が大人になる時にはおそらく簡単に月に行ける時代になるんでしょうから、なかなか夢がありますよね」と思いをはせ、「最近子供達と話すと、ちょっと出張かなんかで外してると、パパ月行ってきたの?って普通に聞かれます」と話していた。

芸能
注目トピック