樹木希林さん、遺作共演の浅田美代子に「下手くそ」 企画手がけた「エリカ38」が京都国際映画祭で上映

2018年10月11日14時51分  スポーツ報知
  • 京都国際映画祭のレッドカーペットに参加した(左から2人目から)浅田美代子、奥山和由氏

 女優・浅田美代子(62)が11日、京都市下京区の西本願寺で「第5回京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに出席。親交が深かった樹木希林さん(享年75)の遺作となった映画「エリカ38」(来春公開予定)でレッドカーペットに参加。「希林さんと一緒に京都に来ることを楽しみにしていたけど残念です。でも、きっと見てくれていると思います」と話した。

 樹木さんが企画を手がけた今作は、62歳の女が38歳と偽って金を集め、出資法違反で逮捕された事件をモチーフに、浅田と母娘役を演じている。当初はこの映画祭の中で制作発表を行う予定で、樹木さんも体調が良くないながら「これは必ず行かなくちゃいけないわよね」などと話していたという。

 プロデューサーを務める奥山和由氏は、初号段階の試写は樹木さんも一緒に見たそうで、主演の浅田に対しては「自分で自分の演技をどう思ってるの?」などと問いかけ、奥山氏が絶賛すると「でも言葉の癖が抜けてない。浅田美代子が出ちゃってるじゃない」などとダメ出しをされたそう。浅田も「いつも『下手くそ』とか、けっこう言われてたんで」と笑った。

芸能
注目トピック