川崎麻世・カイヤの離婚裁判に宮根キャスター「芸だと思ってた」RIKACO「話題作り」

2018年10月11日15時29分  スポーツ報知
  • 川崎麻世とカイヤ

 10日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では俳優の川崎麻世(55)が、妻でタレントのカイヤ(56)に対し、東京家庭裁判所に離婚を求める裁判を起こしていたニュースを特集した。

 コメンテーターのRIKACO(52)は、2人がこれまで不仲を隠していなかったことに「結婚28年、別居して14年。これは作戦というか、収入源を得るために外に出るときにこういう風に装ってたんじゃないかなって思っちゃうよね」とコメント。宮根誠司キャスター(55)が「仲が良いのか悪いのかっていう風に思わせるというのは、収入を得るためっていう」と応じると、RIKACOは「話題作り。見ててそうなんじゃないかなって思っちゃった」と語った。

 宮根キャスターは「こういう夫婦の形もありなんじゃないかなと思っていながら、実は調停もしてて裁判にもなるっていうのはビックリした」といい、「度々2人でテレビ番組出られたりとか、イベントに出られたりして、ケンカしたりとかチューしたりして、仲がいいのか悪いのか。芸だと思ってた」と話していた。

芸能
注目トピック