村上佳菜子はNGあり「クイズ番組とストッキング相撲」競技復帰は否定

2018年10月12日18時14分  スポーツ報知
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」ロンドンバスの出発式に出席した村上佳菜子

 フィギュアスケーターの村上佳菜子(23)が12日、大阪市内で映画「ボヘミアン・ラプソディ」(11月9日公開)のPRロンドンバス出発式に出席した。

 今作は、イギリスの伝説のバンド「クイーン」のボーカル、故フレディ・マーキュリーの知られざる生き様を描いた物語で、クイーンの代表曲もふんだんに盛り込まれている。フレディの存在は知らなかったという村上だが「予告を見ただけですけど、すごく見たい。(曲が)ノリが良くて、町田樹さんや荒川静香さんも使っていたし、フィギュアスケートにも滑りやすい」と話した。

 「2018上半期ブレイクタレント」で1位に輝き、人懐っこいキャラクターとコメント力で今やテレビ番組などに引っ張りだこ。「NGなし」とも言われているが「NGはあるんですよ。クイズとストッキング相撲はダメ。(クイズは)前に出たんですけど、お母さんに『恥ずかしいからやめて』と言われたんです」と、あまりの珍回答ぶりに「母NG」が出たことを苦笑いで明かした。

 フィギュア界では、高橋大輔(32)が競技復帰して近畿選手権で3位。仲のよい織田信成(31)も「ジャパンオープン2018」で高得点をマークするなど話題が続いているが、自身の競技復帰については「ないです。私は自分なりにやりきったので。今は新しい村上佳菜子を見つけるのが楽しいんです」ときっぱり否定した。

 イベントでは、フレディ・マーキュリーのネタを繰り出すお笑い芸人・スベリー杉田の指導のもと、足を開いて上体を反らしたフレディの代名詞ともいえるポーズを披露。フィギュアの「イナバウワー」ならぬ“フレバウワー”をきっちり決め「私、イナバウワーはできないんですけど、陸ならなんとか」と笑わせた。

 また、この日、一般男性とのスピード離婚を発表した鈴木明子(33)については「全然知らなかったのでビックリしています。部外者なので言うことはないですが、2人で決めたことなら、私たちはその決断をサポートしていくだけです」と話した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)