水森かおり、標高370メートルの空中散歩にビビリ気味「四十路半ばでやることじゃない」

2018年10月15日16時0分  スポーツ報知
  • 毎秋恒例のスペシャルイベントを行った水森かおり

 歌手の水森かおり(45)が15日、神奈川県相模原市のレジャー施設「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」で新曲「水に咲く花・支笏湖へ」の購入者向けイベントを行った。

 毎秋恒例のチャレンジ企画で、15年のバンジージャンプ、16年のイルカ乗り、17年のカバ乗りに続いて4回目。標高370メートルの崖にせり出す巨大アスレチックアトラクション「マッスルモンスター」に挑戦した。

 高さは大得意の水森は、ドレスにヘルメット姿で登場。相模湖をのぞむ崖際に立つと「こわ~い。四十路半ばでやることじゃないよ~」とビビリ気味だったが、綱渡りやつり板の上を軽快に“空中散歩”した。イベント内容は昨日知らされたといい「歌と全く関係ないでしょ」と苦笑しながら、「一歩目を踏み出すのが分かれば大丈夫。何事も勇気を持って一歩を進むことが大事と学びました」と満面の笑みを浮かべた。

 同イベントは3月発売の新曲「水に咲く花、支笏湖へ」の購入者特典企画で、応募2000通から25組50人を招待。スタッフに制止されながらも難易度が高いポイントにどんどん進み、「ファンの皆さんから『やめて~』『それ以上行かないで~』と言われるほど行きたくなる」とニヤけた。

 宙づりで歌唱した昨年のNHK紅白歌合戦に続き、腰と股をハーネスで固定しており、「最近慣れてきて、食い込めば食い込むほどやる気が出る。本当に楽しかった」。来年にむけて「今度はサーカス! 火の中とかいいかも」と早くも構想を語った。

 その後、園内のステージでミニライブを開催。「水に―」や代表曲「鳥取砂丘」など4曲を熱唱した。

 「水に―」は出荷13万枚を突破した。16年連続出場に期待がかかる紅白歌合戦にむけて「気合十分、前だけを見てやってきたので、最後までいい結果を出せるように一生懸命頑張りたい」と意欲を見せた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)