「Kalafina」Wakana 来年にソロデビュー

2018年10月17日21時0分  スポーツ報知
  • ソロデビューを発表した「Kalafina」のWakana

 女性ボーカルユニット「Kalafina」のWakana(年齢非公表)が17日、東京・マイナビBLITZ赤坂で初の全国ソロツアーの追加公演を行い、来年にソロデビューすることを発表した。レコード会社大手・ビクターエンターテインメントからシングル「時を越える夜に」を発売する。

 9月から東名阪、福岡の4都市を回るツアーを開催してきた。この日はユニットの楽曲のほか、ソロデビュー曲など17曲を披露。「あっという間だったけど、1公演1公演、音楽を楽しんでこられたかな」と笑顔を浮かべた。

 ユニットは、4月にメンバーのKeikoが脱退して2人組になった。今はHikaruとそれぞれの活動を展開。今ツアーも「みなさんの反応がじかに届くのは楽しいですし、笑顔になっていくのが面白かった。最初は何を歌うのか(観客が)ソワソワしていたけど、公演を重ねていくうちに和んでいくのを見られて良かった」と充実をにじませた。

 デビュー曲は、上京した15年ほど前から親交のあるShusui氏が作曲、作詞は自身で手がけた。「私が生まれて初めて作詞した曲。聴いてくれた方が色んな解釈をしてくれるので、それを大事にしたい」。Shusui氏も「Wakanaさんのボーカルと歌詞、私たちのメロディーとサウンドが合わさった最高のポップスになっていると思います」と語った。

 ステージでは「時を―」のほか3曲の作詞楽曲も披露。今後に向けて「これからも色んな曲に、歌詞で関わらせて頂きたい。たくさん曲を増やして、みんなで音楽を楽しむ空間を作っていきたい」と思い描いた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)