新婚の菊地亜美 大のろけ「私の作るおにぎりが好きと言われた」

2018年10月18日13時51分  スポーツ報知
  • イベントでおにぎりを握った菊地亜美と柳沢慎吾

今年2月に5歳年上の一般男性と結婚したタレントの菊地亜美(28)が18日、東京都渋谷区の代官山T‐SITE GARDEN GALLERYで「La Donabe bypresented by タイガー土鍋炊飯ジャー『炊きたて』」(19日~21日)オープニングイベントに柳沢慎吾(56)と参加した。

 同所はタイガー魔法瓶の土鍋炊飯ジャー「炊きたて」で炊いた、お米で愛をイメージしたおにぎりを提供する期間限定のレストラン。菊地は「旦那さんはよくご飯を食べるけど、夜6、7時にいっぱい食べた後、11時、12時頃に『おにぎり作って』と言われる。最初は嫌だったけど、なんでもいいんじゃなくて私の作るおにぎりが好きと言ってくれた」。左薬指に結婚指輪を輝かせ、幸せいっぱいの笑顔を振りまいた。

 今月14日には大阪市内のホテルで挙式。披露宴では新郎からサプライズを受けたと明かし、「私の地元の北海道に行って、通っていた小中高をVTRにおさめていくれた。仲のいい芸能界の友達にも何とか連絡先を調べてコメントをとってくれた。ケンカしてもこんなことしてくれた人だって思い出して、あまり怒らないようにしたい」。菊地ののろけ話に柳沢は「東京ラブストーリーの最終回みたい」と笑いを誘った。

 イベントの締めには柳沢が新ギャグを披露。これまで「いい夢見ろよ、あばよ!」が定番だったが、炊飯ジャーのイベントにかけて「いい夢みろよ、じゃー!」とコメントし、会場が大爆笑に包まれた。当の本人は「ここまでうけるとは…20何年間あばよをやってきたんだよ。何も考えてなかったけど、急におりてきた」と満更でもない様子だった。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)