月組トップスター珠城りょう、“死の帝王”トート役に「こんなに感情を出していいんだ、と思った」

2018年10月19日16時9分  スポーツ報知
  • 宝塚歌劇、月組公演「エリザベート」開幕前に取材に応じた珠城りょう(左)と愛希れいか

 宝塚歌劇、月組トップスター珠城りょう、トップ娘役の愛希れいかが19日、東京宝塚劇場で「エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド)―」(小池修一郎演出、11月18日まで)開幕前に会見した。

 ウィーン発のヒットミュージカルで歌劇団では96年初演から10回目の上演。主人公“死の帝王”トートを演じる珠城は腰まである長髪姿で「役にクールな印象を持っていたが、こんなに感情を出していいんだ、と思った。今の月組だからこそできるものをお見せします」。この公演で卒業するエリザベート役の愛希と「役の心を一番大切に彼女との集大成を1回1回丁寧に演じたい」と、より完成度の高いものを披露するつもりだ。

宝塚歌劇
芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)