市川由紀乃 新曲10万枚突破で3年連続紅白熱望

2018年10月31日20時0分  スポーツ報知

 演歌歌手の市川由紀乃(42)が31日、東京・台東区の浅草公会堂で25周年記念リサイタルを開催し、3年連続のNHK紅白歌合戦出場を願った。

 1月に発売したシングル「うたかたの女」がオリコン演歌チャートで41週連続トップ20となるロングヒットで、出荷10万枚を突破。「今年も1年を締めくくる日にステージに立っていたいという思いはあります」と夢舞台に向け力を込めた。

 リサイタルも1080枚のチケットが即日完売する人気ぶり。満員の観客を前に、この日発売したカバーアルバム「唄女(うたいびと)3~昭和歌謡コレクション&阿久悠作品集」収録曲や、初出場した紅白で歌った「心かさねて」など全20曲を熱唱。ハロウィンにちなんだかぼちゃのかぶり物や真っ赤な衣装でも魅了した。

 93年にデビューし、一時は休業も経験した。無事に25周年を迎えたことに「色々な出来事があった人生。25周年を迎えられたのは奇跡に近い。夢のよう」と喜び「新たなスタートラインに立って頑張っていきたい」と宣言した。ちなみに恋愛は今年もご無沙汰だったようで「仕事一筋に生きてきた感じがします」と苦笑いしていた。来年7月5~19日に大阪・新歌舞伎座で初の座長公演を行う。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)