演歌歌手・一条貫太 母校の立正大「橘花祭」で歌声披露

2018年11月4日13時13分  スポーツ報知
  • 在籍する立正大学の学園祭で歌声を披露した一条貫太
  • チアガールとコラボした一条貫太

 演歌歌手の一条貫太(21)が4日、母校の立正大品川キャンパスで開催された「橘花祭」でソロステージを披露した。同大経済学部4年生。チアガールの彩りを背にデビュー曲「ふたりの始発駅」や所属レコード会社の先輩・北島三郎(82)の「まつり」など5曲を響かせた。

 演歌歌手と学業を両立する。すでに単位数もクリアして、来年3月に卒業予定という。母校のステージに「いつもとは違う同世代の独特のノリがあった。大学生活最後のいい思い出になった。またこういう機会があれば」と笑顔を浮かべた。

 同大野球部からは今年、プロ野球ドラフト会議で伊藤裕季也内野手が横浜2位、小郷裕哉外野手が楽天7位で指名された。面識はないというが、同世代の活躍を刺激に「何かあったらお会いしたい」と語った。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)