たけし、テレ東で1週間大暴れ「ラオスで橋を渡ってやろうかなと思ってます」

2018年11月8日17時11分  スポーツ報知
  • 「いきなり、たけしです。」の取材会に出席したビートたけし

 タレント・ビートたけし(71)が12日から1週間に渡って、テレビ東京の番組に出演し続ける「いきなり、たけしです。」(12日~16日、後6時55分、17、18日・後6時半)の取材会が8日、東京・六本木の同局で行われた。

 今回、「テレビ東京55周年 テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK」と題して、「YOUは何しに日本へ?」「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」などの人気番組を放送時間を拡大して連日放送。「いきなり―」は各“勝負番組”の前に3分間のミニ番組として放送される。

 「テレ東の看板のような番組の頭に、それに対する味付けというか裏話じゃないんだけど、その番組のパロディーをやって景気づけようと。(収録は)大爆笑だったし、今回は55周年だけど、これを機会に56年、57年とやってやろうと。最後は本体を乗っ取って、レギュラー(番組)を取っちまおうかと思います」と紋付き袴姿で意気込みを語った、たけし。

 「とにかく、新規(の企画)で面白い番組を作っているテレビ東京なんでね。プロデューサーやディレクターに勢いがあって、主流どころに追いついてやろうと満足していないところがいい。新企画としては今度はラオスで橋を渡ってやろうかなと思ってます」と今話題の他局の人気番組の“やらせ疑惑”を取り上げて、取材陣を爆笑させた。

 視聴率低迷など、テレビ業界を取り巻く環境は悪化しているが、「俺は死んじゃっていると思いますけどね。あと5年がいいとこなんで。テレビが欠かせない時代から、今はテレビ離れして、いろんな人がスマホ持つ時代に、テレビがどんな役割を果たすかは難しいけど、やっぱり見たい番組を考えることと、制作者側がいかに面白いということに関する感覚が時代とズレないように。自分だけがゲラゲラ笑っている人いますから、とにかく時代とズレないように頑張ってもらいたい」と作り手側に提言。

 「たけしさんがテレビ東京の社長になったら?」と聞かれると、「全員、派遣社員にして出来高制。視聴率1%につき500円に」

と宣言して笑わせた。

 たけしは昨年も10月2日から6日までの同局の朝の時間帯を生放送「おはよう、たけしですみません。」で“ジャック”。番組2日目に突然休むなど、大きな話題を呼んだが、「(去年)ドタキャンがあったんで、1日で撮ることになりました」と、7本分をこの日1日で収録したことを明かした、たけし。1本3分間の放送時間は、たけし史上最短となる。

芸能
注目トピック