古市憲寿さん、結婚するなら「玄関は分けたい。『おかえり』とか言われたら気持ち悪い」

2018年11月8日23時7分  スポーツ報知
  • 古市憲寿氏

 8日に放送されたTBS系「櫻井・有吉THE夜会」(木曜・後10時)に、社会学者の古市憲寿氏(33)が出演、一人暮らしの自宅を公開した。

 古市氏の自宅は、玄関を入ってすぐの棚にまで約5000冊の本が並び、社会学者の顔がのぞいたが、冷蔵庫には42本の水、34本の炭酸水、海外の板チョコ45枚がぎっしり。ここ数年、家ではチョコしか食べていないそうだ。

 そのせいか、テレビに映る自分の顔を見て太ったと自覚。「太った人が言っても(コメントしても)説得力がない。3キロ減ったら人生変わるかなと思って」ダイエットを決意したという。

 そこで「ミネラルミスト・スパ」に挑戦したり、原宿の人気美容室で「やせて見える髪形にしてほしいんですけど」とリクエストし、オシャレな髪形に変身する様子も紹介された。

 そんな古市氏は自身の結婚について、結婚するなら「玄関を分けたい」と意外な条件を挙げ、「『おかえり』とか言われたら気持ち悪い」と理由を語った。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)