古市憲寿氏、デヴィ夫人との直接対決舞台裏をカミングアウト「夫人は忘れているっぽくて…」

2018年11月9日18時2分  スポーツ報知
  • 古市憲寿氏

 社会学者・古市憲寿氏(33)が9日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演。タレント・デヴィ夫人(78)との騒動について、自ら解説した。

 番組では「あなたは最近、誰かを激怒させましたか?」と視聴者に生投票を呼び掛けた。アシスタントのミッツ・マングローブ(43)から「激怒させたと言えば…」と話を振られた古市氏は「すごいのは(デヴィ)夫人がブログで怒ったじゃないですか。それをフジ(テレビ)のバイキングが面白がってわざわざ夫人のいるインドネシアまで飛行機で行ってVTRを撮ってきた。予算ないって言っているのに」と笑い、「その後、別の番組で夫人と会ったんですけど、夫人は自分が何で怒っているのか忘れているっぽくて。“てい”としては怒ってる振りをしてくれたんですけど」と舞台裏を明かした。

 これを聞いたミッツは「まあまあのカミングアウトです」と苦笑いを見せた。

 10月15日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、デヴィ夫人がプロデュースしたチャリティーパーティー「第21回ザ・グランド・インペリアル 慈善晩さん会」を紹介した際、コメンテーターを務める古市氏が「何らかの問題を起こした人しか参加できないんですか」「一足早いハロウィーンパーティーかと」などと発言。それを伝え聞いたデヴィ夫人が自身のブログで古市氏を批判するなど激怒。その後、3日放送のカンテレのトークバラエティー「胸いっぱいサミット」(日曜・正午、関西ローカル)で、2人は“直接対決”していた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)