GENKING、今年3度目の虫垂炎で緊急手術「もがき叫び苦しみ痛かった」

2018年11月16日11時44分  スポーツ報知
  • インスタグラムより@_genking_

 タレントのGENKINGが16日、自身のインスタグラムを更新。今年3度目の虫垂炎になり、緊急入院して手術を受けたことを報告した。

 この日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜前8・00)で自身の特集が放送されたGENKINGは、テレビを見ながらベッドに横たわっている写真をアップ。「実は今入院中な私今年3度目の虫垂炎になり、緊急入院してすぐ手術したの」と明かし、「3回目の虫垂炎は今までみたいに薬では散らせなくて、腹膜炎になる直前で、お化けに取り憑かれたんじゃないかって位、もがき叫び苦しみ痛かった あれは、本当にやばかった」と苦しみをつづった。

 手術を受けた14日は生放送出演を予定していたそうで「スタジオまで行ったんだけど、痛み止めすら効かなくて、動けなくて出演を取りやめました スタッフの皆様、出演、関係者の方、本当に申し訳ありませんでした 告知すら出来ず、本当にごめんなさい」と謝罪。17、18日は大阪でイベントに出演する予定で「お近くの方は会いに来てくれたら嬉しいな」と記していた。

 GENKINGは昨年5月に性別適合手術を受け、名前が「元輝」から「沙奈」に変わり、戸籍上も女性に変更。3月にも虫垂炎で緊急搬送されたことをSNSにつづっていた。

芸能
注目トピック