マジプリ・阿部周平、天才棋士役で連ドラ「この恋はツミなのか!?」出演へ

2018年11月18日8時0分  スポーツ報知
  • 天才棋士役でドラマに出演することになった「MAG!C☆PRINCE」の阿部周平

東海地区を拠点に活動する5人組グループ「MAG!C☆PRINCE」の阿部周平(21)が、TBS系連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」(MBSは12月2日スタート、日曜・深夜0時50分、TBSは同4日スタート、火曜・深夜1時28分)に天才棋士役で出演することが18日、発表された。

 「ビッグコミックスペリオール」に連載された同名漫画が原作で、AKB48の柏木由紀(27)、伊藤健太郎(21)のダブル主演作。プロの将棋界を舞台に童顔、巨乳の年上女流棋士・多恵(柏木)と、さえない童貞サラリーマン・大河(伊藤)の格差恋愛を描く。

 阿部は、多恵を姉のように慕うイケメン棋士・沖田健役。マジプリの元気いっぱいの様子とは異なる、新たな一面が見られそうだ。

 繰り返し台本を読み、家で何度もリハーサルを行い、撮影現場に向かったという。「個人でドラマ出演が決まり、初めてづくしで緊張しました。いつも、そばに安心できるメンバーがいる状態で仕事をしているので、ちゃんとできるか不安もありました」と回想。緊張は消えなかったが、「共演者、スタッフの皆さんが明るい雰囲気でアドバイス、お話をしてくださって、リラックスして役を演じることができました。感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

 エンディングテーマ曲は、マジプリの新アルバム「B e l ! e v e r」(12月5日発売)の収録曲「もしも僕が世界を変えれたら」。阿部は「うれしいです。しっかりとこのドラマを盛り上げられたら」とコメントした。

芸能
注目トピック