パンクブーブー・佐藤哲夫、ガンプラ日本一ならず

2018年11月18日16時21分  スポーツ報知
  • 日本一となり世界決勝への出場を決めたウツギさん(左)とToki―custamさん(C)創通・サンライズ

 お笑いコンビ「パンクブーブー」の佐藤哲夫(42)が18日、都内で開かれた人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」のプラモデル、通称「ガンプラ」の制作者日本一を決める「ガンプラビルダーズワールドカップ2018」日本大会決勝戦に出席した。

 所属する吉本興業内にある「プラモデル部」の部長を務める佐藤は2年ぶりのファイナリストとして「オープンコース」20人のうちの一人として出場。「急襲敢行!」と題した作品で挑戦したが、惜しくも3位以内の入賞は逃した。

 なお、優勝は14歳以下が参加する「ジュニアコース」からはToki―custamさん(11)の「白い悪魔 戦いの果てに…」、「オープンコース」からはウツギさん(39)の「ガンダムエクシアリペア2 ―胎動―」。2人は、12月9日に都内で開かれる世界決勝に出場し、16か国・地域の代表と腕を争う。

芸能
注目トピック