中居正広、松坂大輔とのキャッチボールに大興奮も「四十肩で横からしか投げられない」

2018年11月19日22時26分  スポーツ報知
  • 松坂大輔

 19日に放送されたテレビ朝日系「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(月曜・後8時20分)に、中日・松坂大輔(38)が出演。恩師や元チームメートへのインタビューで「平成の怪物伝説」を検証するなどした。

 MCの中居正広(46)は、松坂の投球フォームをマネするなど野球談義に熱くなっていたが、松坂からは「中居さんとキャッチボールがしたい」のリクエスト。すると中居は、以前、松坂からもらった大リーグ・レッドソックス在籍時のグローブを紙袋から取り出し「家のテレビの横に置いてあるの(持ってきた)」。自宅のテレビの横に、透明のケースに入れて飾ってあるという。

 スタジオで松坂とキャッチボールを始めた中居は「松坂からもらったグローブで松坂とキャッチボール!」と大興奮。「うれしいな。松坂のボールを松坂のグローブで」と声を弾ませた。「でも、肩があがんないの。四十肩で横からしか投げられないのよ」とこぼしながらも、表情は少年のようだった。

 最後に中居から来季の目標を問われた松坂は「今季は3年ぶり(の登板)ということで、間隔をつめて投げられなかった。来年はそれが出来ると思っているので、今年の倍は投げて倍は勝てるように。チームがプレーオフに出られるように頑張りたいと思います」と語った。

芸能
注目トピック