福田こうへい、大量吐血で緊急入院 病名は「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」

2018年11月26日13時51分  スポーツ報知
  • 福田こうへい

 23日に胃と食道の接合部が裂けて大量吐血したため緊急入院した演歌歌手の福田こうへい(42)が26日、自身の公式サイトで病名を「急性胃粘膜病変にともなう黒色吐物」と公表した。

 福田は「この度は、思わぬ体調不良により、関係者、ファンの皆様に、たいへんご迷惑をおかけし、心苦しく思っております。一日も早く元気になり、いい歌をお届けできるよう、治療に専念いたします」とコメントした。治療期間はこの日から10日間という。

 福田は23日に福島・白河市内で昼公演を行ったが、体調不良を訴え、アンコールと握手会を急きょ中止。直後に楽屋で吐血した。吐血量が尋常ではなかったため、同5時半からの夜公演を急きょ中止し、同市内の病院に救急搬送された。

 検査の結果、胃と食道の接合部付近に亀裂があることが判明。止血剤や点滴でも症状は改善せず、急きょクリップで止血する応急処置をした。24日は仕事がオフだったため、宿泊先で終日静養。現在も出血は続いているため貧血状態で、食欲は極めて少ないという。

 25日は、福島・古殿町で午後0時15分から生放送された「NHKのど自慢」に出演。体調が万全でない中、新曲「天竜流し」を伸びやかな歌声で熱唱し、45分間の本番後も会場の観客向けに2曲を歌唱するサービスぶりを見せた。終演後に故郷の盛岡市に戻って緊急入院し、精密検査を受けていた。

 治療に伴い、当面の間は歌手活動を休養する。27日の福岡・飯塚市、28日の長崎・諫早市の公演は中止が発表された。

 福田は、昨年10月には過労による咽頭炎などで緊急入院し、コンサートを中止するなど約2週間休養していた。

芸能
注目トピック