漫画家の長谷邦夫さん、81歳で死去

2018年12月3日1時45分  スポーツ報知

 漫画家の長谷(ながたに)邦夫さんが11月25日に、うっ血性心不全のため亡くなったことがわかった。81歳だった。

 長谷さんのフェイスブックに、長男の洋之さんが「長谷邦夫は、栃木県高根沢町の病院にて療養中でしたが、2018年11月25日、うっ血性心不全のため亡くなりました。81歳でした」と代筆で訃報を掲載した。

 葬儀は親族のみで行ったそうで「生前の父の活動にご協力いただいたこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。父との思い出話などございましたらコメントにて皆さんとシェアして頂けたらと思いますので、よろしくお願いいたします」とつづった。

 長谷さんは、豊島区南長崎にあった、手塚治虫さんらが住んでいた伝説の「トキワ荘」の“通い組”の一人。赤塚不二夫さんのマネジャーを務めたこともあり、フジオ・プロの創立にも参加した。井上陽水の「桜三月散歩道」の作詞もしている。

芸能
注目トピック