上沼恵美子 暴言の2人には「舞台の上で言ってくれたらよかったのに」

2018年12月10日19時21分  スポーツ報知
  • 上沼恵美子

 2日に開催された「M―1グランプリ2018」の審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)が審査員を引退すると示唆したことについて、とろサーモン・久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナ・武智正剛(40)がSNSで暴言を吐いた問題とは無関係であることを10日、上沼の事務所関係者が明らかにした。

 事態を収拾するため取材に応じた事務所関係者によると、M―1翌日の3日にパーソナリティーを務める大阪・ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜・正午)に生出演した時点では、SNSでの暴言など事態を知らずに「引退します」などと発言した。

 久保田と武智は3日にそれぞれのツイッターで謝罪を表明したが、所属する事務所サイドからは5日に謝罪を受けたという。上沼に事態を伝えたところ、本人は冷静に対応。関係者は「私が思った以上に(上沼は)神対応で『ああそう、舞台の上で言ってくれたらよかったのに。でもちゃんと審査したから大丈夫』と。お2人のことは何も気にしていないし、興味がない。そこは変わらないです」と説明した。

 また、2人の直接謝罪については「吉本さんから2人を連れておわびに行きたいと言って下さいましたけれども、上沼に伝えたら『お気持ちはいただきました』と。上沼も理解しています」と説明した。「怒っていない、相手にしていない、興味ないというのが本当のところ。まったく済んだ話です」と、完全終結していることを強調した。

 この日、生放送された同局のラジオでも「私、後輩にバカにされるようにできてんのかな」「いいですよ、何を言われても。だいぶ強くなりましたから」などとぼやく場面はあったが、M―1については一切触れなかった。

芸能
注目トピック