サザンオールスターズ紅白出場へ!中継じゃない35年ぶりNHKホールで生歌唱

2018年12月12日4時0分  スポーツ報知
  • 大みそかの紅白歌合戦出場が決まったサザンオールスターズの桑田佳祐

 デビュー40周年を迎えた国民的バンド・サザンオールスターズが、大みそかの第69回NHK紅白歌合戦(後7時15分)に出演することが11日、分かった。

 関係者によると、特別枠での出演が濃厚。ボーカルの桑田佳祐(62)は昨年、ソロで特別出演し、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を披露したが、バンドとしては、シークレットゲストの2014年以来4年ぶりになる。

 NHKでは、アニバーサリーイヤーのサザンにラブコールを送り続けてきた。同局関係者は「目玉となる歌手。粘り強く交渉してきた成果」と強調した。

 前回は年越しライブ中の横浜アリーナから生中継だったが、今回、その心配は不要だ。関係者は「NHKホールで歌います。(局内の)101スタジオを使うこともありません」と断言。実現すれば、「東京シャッフル」を歌唱した1983年以来、実に35年ぶりになる。

 サザンは今年、ライブの本数こそ少なかったが、どれも中身の濃いものだった。大トリを務めた8月12日の野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」(茨城・国営ひたち海浜公園)では圧巻のパフォーマンス。「希望の轍」から始まり、「東京VICTORY」「勝手にシンドバッド」など新旧ヒット曲で6万9000人を魅了した。デビュー40周年記念日の6月25日から2日間、NHKホールで単独ライブを開催。既に本番に向けた“デモンストレーション”も済ませている。

 当日の曲目は未定だが、複数曲の歌唱になりそう。出番も最終盤が有力視される。来春の全国ドーム&アリーナツアーを前に、弾みをつけたいところだ。

 北島三郎(82)に続く、ビッグネームの出演。紅白の注目度は一気に高まりそうだ。

芸能
注目トピック