横澤夏子、朝帰り連発を報じられた小塚崇彦氏に苦言「一番やっちゃいけない時期」

2018年12月13日13時19分  スポーツ報知
  • 小塚崇彦氏(右)と大島由香里アナウンサー

 お笑いタレント・横澤夏子(28)が13日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・後11時55分)にゲスト出演。妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)との別居が報道された元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏(29)に対して、苦言を呈した。

 自身も昨年7月に結婚したばかりの横澤はMCの坂上忍(51)からコメントを求められ、「たまったもんじゃない。自分の娘なのに、生後6か月の赤ちゃんを一緒に育ててもくれなくて、夜遊びするって、一番やっちゃいけない時期」と激怒。「自分のお仕事もしっかりしないといけないし、家庭も大事にして欲しい。なにやってるんだろう」とあきれた表情を見せた。

 大島アナと小塚氏は2016年6月に結婚し、翌年4月に第1子となる長女が誕生した。しかし、小塚氏は結婚前の14年ソチ五輪代表落選頃から始めていた夜遊びが続き、長女誕生後もそれを改めることはなかったという。

 ある日の夫婦げんかで、小塚氏は大島アナに自身の夜遊びなどを謝罪したが、それから1週間もしないうちに朝帰りがまた始まったと報じられた。

 さらに小塚氏は13日発売の「週刊文春」で今月9日、男性3人と女性2人と横浜市内のホテルで一晩を過ごしたと報じられている。

芸能
注目トピック