NAOTOとサンドウィッチマンが85歳ディレクターの指令に…

2018年12月18日17時57分  スポーツ報知
  • 新企画に挑むNAOTOとサンドウィッチマン(c)TBS

 俳優の阿部寛(54)、竹内涼真(25)が、1月2日放送のTBS系バラエティー番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング 新春3時間スペシャル」(水曜・後6時)に出演する。現在放送中のTBS系「下町ロケット」(日曜・後9時)に出演している2人が、人気企画「最強メンタリストDaiGoに超一流芸能人は勝てる?勝てない?」に挑戦する。

 今年放送された新春スペシャルでは、阿部、女優・天海祐希(51)、お笑いタレント・有吉弘行(44)らと対戦し、完全勝利を収めたDaiGo。阿部はその雪辱を果たすべく、竹内にアドバイスを送るなど、抜群のチームワークを発揮する。初挑戦の竹内は「絶対勝ちたい!」と気合十分で臨むも、DaiGoの巧みな心理術を前に、心が丸裸になっていく。

 DaiGoとの戦いを終えた阿部は「ちょうど1年ぶりの挑戦でしたが、DaiGoさんはやっぱりすごいです。集中力との戦いですから、かなり疲れました(笑)。そんな中でも竹内君は集中力を途切れさせずにDaiGoさんと対峙していたので、2人の接戦は見どころだと思います。僕は正直もうこの企画から卒業したいです…(笑)」と思いを明かした。

 一方、竹内は「僕は今回初めて挑戦させていただきましたが、かなり心を揺さぶられました(笑)。DaiGoさんにどんどん心の中を見抜かれていくので、途中ちょっと怖かったです。それと同時に考えていることや感情って、こんなにも表面に出るんだと勉強になりました。結果を楽しみにご覧ください!」とコメント。

 また、同企画には2月1日から公開される映画「七つの会議」から狂言師・野村萬斎(52)と俳優・香川照之(52)も参戦。野村は表情を一切変えないテクニックでDaiGoを苦しめ、大学時代に社会心理学を専攻していたという香川は、DaiGoのペースを乱すために心理学で真っ向勝負に挑む。

 今回の企画では、豪華俳優陣4人の誰かがDaiGoに白旗をあげさせることに成功。最強メンタリストDaiGoとの心理戦に打ち勝ったのは、一体誰なのか?

 また、次回20日の放送からは大型新企画「困っていることはありますか?ご長寿さんお助けモニタリング」が始動する。レギュラー出演者の三代目J Soul Brothers・NAOTO(34)と、この放送から新モニタリングファミリーとなるお笑いコンビ・サンドウィッチマンの2人がお年寄りが抱えるさまざまな悩みを解決していく。

 初回は、お年寄りのみで構成される映像制作チームのもとへ。全員が65歳を超えてから映像制作を始めたというこのチームのお悩みは「芸能人とロケをしてみたいが、どうすればいいかわからない」というもの。そこで、NAOTOとサンドウィッチマンが出演を志願し、ご近所グルメロケを行うことに。77歳のおばあちゃんプロデューサーと85歳のおじいちゃんディレクターからのむちゃぶりにも、“ロケの達人”サンドウィッチマンは素早い対応を見せる。

 さらに、“あるもの”を精巧に手作りしている70歳のおじいちゃんが「誰も相手にしてくれない」と嘆く超マニアックな趣味を、3人ならではの方法で応援する。

芸能
注目トピック