柳原可奈子「初心を思い出しました」“川柳四天王”が4年ぶりの復活

2018年12月18日21時0分  スポーツ報知
  • 復活した“川柳四天王”の(左から)トシ、タカ、柳原可奈子、有田哲平(C)フジテレビ

 来年1月8日に放送される「今夜はナゾトレSP」(午後7時)で、「ペケ×ポン川柳」、そして“川柳四天王”が4年ぶりに復活することになった。

 これらは「ナゾトレ特別版! 川柳SP」と題して、「ゲーム&クイズバラエティ ペケ×ポン」(2009年4月~2015年3月放送)内で好評を博していた人気企画。“五・七・五”の下の句を当てるというもので、当時最強を誇っていたのがのお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平(47)、お笑いコンビ・タカアンドトシ、そしてお笑いタレント・柳原可奈子(32)からなる“川柳四天王”。当時のチームとしての戦績は、全81戦中、68勝13敗という圧倒的な成績を持った。

 その“川柳四天王”がおなじみの衣装で完全復活。さらに、“句”を読み上げるのも、当時と同じく俳優・平泉成(74)が担当する。

 そして今回は豪華芸能人チーム3組が“四天王”を迎え撃つ。まず第1戦目は「華麗なる一族チーム」としてタレントの長嶋一茂(52)、タレントの花田優一(23)、タレントのミッツ・マングローブ(43)、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇(38)が、第2戦目は「イケメン・美女チーム」として女優の名取裕子(61)、俳優の中川大志(20)、漫画家のやくみつる氏(59)、竹俣紅(べに)女流初段(20)がそれずれ挑戦する。「ペケ×ポン川柳」に過去27回出演し、そのうち9回、四天王に勝利しているやくが、初挑戦となる他の3人を引っ張っていくことはできるのか、注目される。

 そして、最後は俳優の石坂浩二(77)、タレントの滝沢カレン(26)、NEWSの増田貴久(32)、お笑いコンビ・ロザンの宇治原史規(42)からなる「打倒四天王チーム」が戦う。川柳出演経験のある男性3人が、初挑戦の滝沢をいかにしてフォローするかが勝負のポイントに。負けたチームには、当時同様懐かしの「シシオドシ」が用意されている。

 柳原は収録後、4年ぶり“川柳四天王”に「4年のブランクを全然感じないくらい、川柳もすぐにひらめくことができて、自分でもびっくりしました!『ペケ×ポン』が始まって、レギュラーとして出させていただくようになったときの私は、まだ右も左もわからない“ど新人”だったので、『あぁ、こういう風にボケるんだ』みたいなことを、上田さん、有田さん、タカトシさんから教えてもらった部分がすごく多かったのですが、今日も有田さんがボケて、そのあとタカさんがボケたら『よっしゃ、ついて行かなきゃ!』みたいな感じで…初心を思い出しました(笑)その感じがすごく楽しかったですね!」とコメントした。

芸能
注目トピック